プロミス店舗へは行くべきか?

プロミスではキャッシングを利用することができます。ホームページでは、「お借入診断」という項目があります。生年月日や年収などを入力することで、自分がキャッシングを受けられるかどうかを判断できます。 「返済シミュレーション」という項目では、実際にいくら借りたら返済額がどうなるのかを計算してくれます。 プロミスのキャッシングには、大きく分けて2つの方法があります。インターネットや電話で申込みを行い、自分の口座にお金を振り込んでもらうやり方と、近くの店舗やATMへ行き、窓口で相談を受けながらキャッシングを受けるやり方です。 口座に振り込みをする場合は、受付時間によって振り込みが実施される時間帯が変わってきます。 自宅の近所に店舗やATMがあるかどうかは、ホームページから検索をすることが可能です。 キャッシングに対して、返済についても、様々な方法があります。 インターネットからの返済は、24時間いつでも可能です。対象になっている銀行のインターネットバンキングを利用していれば、すぐに利用できます。 他には、公共料金を払うように、自分の口座から自動で引き落としてくれるやり方もあります。手数料は0円となっています。 さらに、キャッシングと同じく、店舗やATMまで訪れての返済もできます。 プロミスのホームページには「はじめてのご利用」というページがあり、申込みから返済までの流れを知ることができますので、目を通しておくと良いでしょう。

プロミスは日本各地に店舗がある

プロミスは日本各地に店舗があるので、どこに住んでいても借りやすいのが大きな特徴です。その中でも東京都には多くの場所にプロミスの店舗があります。二十三区内だけでも百箇所以上の場所に利用できる場所が存在します。それらの店舗は場所によってできることに違いがある場合もあります。入出金ができるだけでなく、申し込みや契約などもできるような場所もあります。また場所によっては気軽にインターネットが使用できるようにWI-FIが使えるような場所も存在します。わからないことがあってもスマートフォンやノートパソコンなどを使用すれば、すぐに調べられる環境になっています。電車や徒歩ではなくて自家用車で来店したい場合には駐車場が不可欠ですが、そうした駐車場を完備しているような場所もあります。駐車場の有無を調べてから実際にその場所に赴けば、わざわざ周辺の駐車場を探す手間が省けるので便利です。また場所によっては契約や入出金だけではなくて、借入の相談もできます。ウェブサイトなどではわからなかったことでも、直接従業員に相談することで疑問が解決できるような場合もあります。返済のスケジュールについての細かい相談などや、どれくらいの利子が必要なのかということも気軽にお店で相談できます。また借入の申込をする場合には一定の条件が必要になりますが、自分がそれに当てはまって借入ができるのかについても相談できます。借り入れの限度額も相談できます。

プロミスの店舗に関してはわかったけど、金利は?

一般的に消費者金融系のキャッシングの金利は、18.0%に設定されていることが多いです。これは、利息制限法という法律によって、10万円以上100万円以下の貸し付けの場合は18.0%が上限と決められているからです。そのため各消費者金融では、上限ギリギリの数字を採用しているわけです。ところがプロミスの場合は、やや低めの数字で設定しています。具体的には、17.8%としているのです。18.0%にしている他の消費者金融と比較すると0.2%低いので、その分発生する利息は少なめとなります。0.2%の差とはいえ、借り入れする金額や期間によっては、発生する利息にかなりの差がつくことになります。利息は、借り入れ金額が多く、期間が長いほど多く発生することになります。そしてそれにつれて、この0.2%の差による利息の差も、大きくなるのです。そのためプロミスのキャッシングは、多く長く借り入れすることを希望する人からは、特に高い人気があります。また、借り入れしたお金をしっかりと返済している人の場合、プロミスから優良顧客として信用されることになります。その場合は、借り入れできる金額がアップする上に、金利はさらに下がります。その後も信用レベルが上がるにつれて、多くのお金を低い金利で借り入れできるようになるのです。そして貸し付け金額は最大で500万円、下限金利は4.5%となります。上限と同じくこの下限も、プロミスでは他の消費者金融よりも低めとなっています。